女子アナがお色気路線に走った黄金期、振り返ればフジがいた!

女子アナがお色気路線に走った黄金期、振り返ればフジがいた!
菊間千乃アナ。1995年フジ入社。1994年にスタートした『めざましテレビ』では初代MCを八木亜希子アナが務め、2代目は小島奈津子アナが担当。リポーター陣も人気があり、菊間アナは「それ行け!キクマ」でブレイクした
いまだ根強い女子アナ人気。その大ブームを生み出したのは、1990年代中盤のフジテレビだ。

特に、早朝番組と夜帯の番組を担当する女子アナたちに注目が集まったのである。

女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏が語る。

「1994年に『めざましテレビ』がスタートして、初代MCの八木亜希子アナだけではなくリポーターを務めた小島奈津子アナや菊間千乃アナにもファンが急増。早朝にもかかわらず、彼女たちのロケ先に大勢の男性ファンが駆けつけるほどだったと聞いています」

また、夜のスポーツ番組はフジテレビの『プロ野球ニュース』が全盛期。1988年に中井美穂アナが局の女子アナとして初めてMCに抜擢されて以来、後任にも女子アナが起用されるようになっていった。女子アナ評論家の戸部哲也氏が言う。

「1995年に西山喜久恵アナが、その翌年には天然キャラの木佐彩子アナがMCに就任。そして特にスゴかったのは、2000年から担当になった大橋マキアナです。野球をまったく知らなかったため『右中間ヒットは宇宙まで飛んでいくのかと思っていました』なんて迷言を残しています(笑)」


この頃から野球場に各局の女子アナが取材で姿を見せるようになり、カメラマンたちもその姿を狙うようになり始めた。

「90年代後半になると、『スポーツTODAY』(テレビ東京)の家森幸子アナや『スポーツうるぐす』(日本テレビ)の柴田倫世(ともよ)アナなど各局の看板アナが球場に集まるようになったんです。タイミングがよければ、一度にいろんな女子アナが撮影できるので、すごくおいしかったですね。

あわせて読みたい

八木亜希子のプロフィールを見る
週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「八木亜希子 + ラジオ」のおすすめ記事

「八木亜希子 + ラジオ」のおすすめ記事をもっと見る

「八木亜希子 + 結婚」のおすすめ記事

「八木亜希子 + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「川田裕美」のニュース

次に読みたい関連記事「川田裕美」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年5月28日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 八木亜希子 ラジオ
  2. 八木亜希子 内村光良
  3. 八木亜希子 結婚

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。