女子アナ報道は間違いだらけ? 元フジ・宮瀬アナが明かすタレント化ブームの絶頂期

フジテレビが牽引した第3次女子アナブーム。2005年に入社し、『とくダネ!』『笑っていいとも!』などで活躍した宮瀬茉祐子まゆこ)さんは、その絶頂期を知る女子アナのひとりである。

今に至る女子アナのブーム、タレント化に火を付けた、あの時代とは? そして、裏話を語ってもらった。

平井理央アナとの本当の関係は?

―まず宮瀬さんがアナウンサーになろうと思ったキッカケから教えてください。

宮瀬 大学1年生だった2001年、ありがたいことに「ミス成蹊」を受賞することができたんです。そうしたら、周りから「アナウンサーを目指さないの?」と言われて。その年、大学の先輩である高島彩さんがフジテレビに入社されたのもあり、そこから意識するようになりました。

―同期は平井理央さんと遠藤玲子アナ。やっぱりライバル心はありました?

宮瀬 まったくなかったですね。特に平井さんは学生時代から芸能活動をしていたので、そもそもキャリアが違う。3人でロケに行っても、私と遠藤さんがカメラにお尻を向けちゃうくらい素人だったのに対し、平井さんはすでにカメラ慣れしていましたから。ライバル心を持つどころではありませんでした(笑)。ただ、どうしても比較されてしまうので、よく「仲が悪いんでしょ?」とか言われていましたね。実際はすごく仲が良かったですよ。

―当時のアナウンス部の雰囲気は?

宮瀬 和気あいあいとしていましたね。先輩後輩で○○会というのをつくって、しょっちゅう飲みに行っていました。今も
編集部おすすめ

当時の記事を読む

宮瀬茉祐子のプロフィールを見る
週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「宮瀬茉祐子」に関する記事

「宮瀬茉祐子」に関する記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク