「今はなんとか生きている状態」の波田陽区が熱望する“歴代一発屋”勢揃いでの再ブレイク

「今はなんとか生きている状態」の波田陽区が熱望する“歴代一発屋”勢揃いでの再ブレイク
「前にダンディさんとかテツandトモさんがいたので人気が落ちた時もわかった」と振り返る波田陽区
かつてはTVでも引っ張りだこだったが、“残念”なことに一発屋となってしまった波田陽区。しかし、本人は再起を期待しているようだ。

お笑い芸人を目指したきっかけは?

波田陽区(以下、波田) 九州で大学生だった頃、友達とお笑いコンビを組んでいて、文化祭なんかでそこそこウケてたんですよ。それで「卒業したらすぐに東京に行こう。絶対、売れる」って思っちゃって。

でも、卒業が近くなったら相方から「俺、就職決まったから」って突然言われて、それで仕方なくひとりで上京してきたんです。それが1998年。

お笑い事務所に行ってネタを見てもらったり、飛び込みでお笑いライブに出ていたけれど、地方の素人が勘違いしているだけだからライブでもまったくウケないんですよね。何しろ当時のネタは「犬のぬいぐるみを連れて歩く」とか「手の3本の指に顔を書いて話す」でしたから。

それで「もうちょっとわかりやすいものをやったほうがいいのかな」と思って、上京した時に一緒に持ってきたギターを使ってみることにしたんです。当時、ギターを弾くお笑い芸人は少なかったからライブで取り入れてみようと思って。

―それで「ギター侍」が生まれたんですか?

波田 違います。ギターを持ち出したのはデビューして2年後くらい。その頃はギターをポロ~ンと鳴らして「冷蔵庫の中に~(ポロ~ン)セルジオ越後~」とか言ってました。ギター侍ができたのは2003年の後半ですね。『エンタの神様』に出る半年くらい前でした。

あわせて読みたい

気になるキーワード

週プレNewsの記事をもっと見る 2015年6月14日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ブルゾンちえみ」のニュース

次に読みたい関連記事「ブルゾンちえみ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「お笑いコンビ」のニュース

次に読みたい関連記事「お笑いコンビ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「出川哲朗」のニュース

次に読みたい関連記事「出川哲朗」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。