京都で大人気! “ちょんまげタクシー運転手”の人知れぬ苦労

そのタクシーに乗り込むと、たいていの客がギョッと目をむく。それもそのはず、なぜならハンドルを握る運転手が本物のちょんまげ頭なのだ。 

このユニークな運転手は「洛南タクシー」(京都府城陽市)の久江(ひさえ)達雄さん(33歳)。一体なぜ、ちょんまげに?

「宝くじで当たった100万円で、3年半かけて世界一周旅行したんです。その途中、パキスタンで大洪水に遭遇しました。2010年のことです。私が滞在中の村も洪水で民家が流され、多くの人が亡くなりました。そこで村人を笑わせたいと前髪をそり落とし、落ち武者スタイルにしてみたんです。

すると、みんなが『サムライがやって来た』と喜んでくれて…。その時です。もっと髪を伸ばして、ちゃんとしたちょんまげを結おうと決心したのは」

13年1月に帰国すると、さっそく久江さんはちょんまげを結い始めた。

「ただ、どうしても上手に結えない。それで京都市の東映太秦(うずまさ)映画村を訪ね、かつらの専門家にびん付け油の使い方など、ちょんまげの結い方をイチから教えてもらいました。今では20分もあれば、ちょんまげを結えます」

ちょんまげを完成させた久江さんが次に挑戦したのが、タクシー会社への就職だった。

「外国に行って最初に話をする相手は、たいていタクシー運転手。その運転手が親切だと、その国のイメージもよくなると気づきました。だから、帰国後は自分もタクシー運転手になって、外国からのお客さまに親切にしてあげようと考えるようになったんです」
編集部おすすめ

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク