ピロートークは脳科学的にも必要だった! 女性はセックスが終わっても恋愛ホルモンが分泌され続けている

多くの男性がおざなりにしがちなピロートーク。エッチ直後の男女が余韻(よいん)に浸りながら行なう会話やスキンシップのことで、女子はとても大切にしている。しかもその必要性は、脳科学的にも正しいのだという。

「当たり前かもしれませんが、元々ピロートークは男女差が存在します。ピロートークには“恋愛ホルモン”と呼ばれるオキシトシンという物質が関係しているんです」

そう語るのは臨床心理カウンセラーの松山真己先生。

「このオキシトシンは好きな相手と触れ合ったりセックスをする時に分泌が促進されます。ドキドキしたり、胸がキュンとなったりする作用が含まれているんです」

そもそも恋愛をしている時はオキシトシンが脳から分泌され、コルチゾールというストレスホルモンを抑え込む。力関係においてストレスホルモンよりも恋愛ホルモンのほうが強く、気持ちを常に明るく前向きにしてくれる。恋をしているとなんとなく浮かれるのはそのせいなのだという。

「このオキシトシンは性的な刺激によって興奮すると男女どちらの脳からも分泌されます。ところがセックスが終わると、男女によって分泌量が異なってくるのが特徴なんですね。これがピロートークのカラクリでもあります」

松山先生によると、女性はエッチ後も恋愛ホルモンが出まくっているのに対し、男性は射精した直後から恋愛ホルモンの分泌量が急激に下降する。さらに、セロトニンなど眠気を誘う物質も分泌されるため男性はピロートークをおざなりにしてしまいがちなのだ。

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る 2015年7月4日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。