想定外の大反響? 『ジュラシック・ワールド』で“恐竜を制する”シーンを真似る飼育員が続出!

想定外の大反響? 『ジュラシック・ワールド』で“恐竜を制する”シーンを真似る飼育員が続出!
“ある特定の職業”に就いている人たちのハートに火をつけている『ジュラシック・ワールド』劇中のシーン (C)Universal Pictures and Amblin Entertainment
8月5日、いよいよ日本でも公開される映画『ジュラシック・ワールド』。

現代に恐竜を蘇らせる人気シリーズ第4作目、14年ぶりの新作ということもあり、先に公開された海外ではすでに大ヒット中。公開後3日間の世界興行収入は5億2410万ドル(約644億円)と、オープニング興行収入の史上最高記録を更新している。

そんな大反響の中、映画公開以降、劇中のあるシーンが世界中の“ある特定の職業”に就いている人たちのハートに火をつけているという。

その問題のシーンとは、ジュラシック・ワールド内の研究施設に勤務している恐竜行動学のエキスパートであるオーウェンが、恐竜に襲われそうになった飼育員を助けるため、凶暴な3頭の恐竜を制する緊迫感溢(あふ)れる場面――。

実は、このシーンに世界中の動物園飼育員が触発され、自分達が普段飼育している動物相手にSNS上でゆるすぎるパロディ画像を続々公開しているのだ。

例えば、オーストラリアの「ライオンカントリーサファリ」で働く男性飼育員は、ミナミシロサイ相手に撮影。


アメリカ・アトランタの「ジョージア水族館」ではラッコで…。


ニュージーランド・オークランドの「オークランド動物園」ではブタ相手に…。


さらに、アメリカ・シアトルの「ウッドランドパーク」ではペンギン。


アメリカ・ノリスタウンの「エルムウッドパーク」ではレッサーパンダまで…。


そして、オーストラリア・シドニーの「タロンガ動物園」ではクアッカワラビーも。
週プレNewsの記事をもっと見る 2015年7月31日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。