甲子園で評価を下げた有力投手たち…大穴は北海道の背番号10! スカウト陣が「見ないで帰れるか!」

       
清宮幸太郎(早稲田実業)とオコエ瑠偉(るい・関東一高)、ふたりの強打者の活躍がクローズアップされた今夏の甲子園。

開催中のU18W杯でも注目が集まっているが、ではプロ各球団のスカウトたちの目に、投手の評価はどう映っていたのか?

まずは前評判通り、優勝投手となって“高校No.1左腕”の呼び声も高い東海大相模(神奈川)の小笠原慎之介。

初戦で9回途中から登板し、スカウトのスピードガンで自己最速の152キロをマーク。甲子園では2005年の辻内崇伸(元巨人)、09年の菊池雄星(西武)に次ぐ150キロ左腕とあって、スカウト陣の鼻息は荒い。セ・リーグ某球団スカウトはこう言う。

「(ドラフト)1位は間違いないし、競合だってある。やはり左で150キロを出せるのは魅力ですよ。粗削りな部分はありますが、ベストなボールだけで判断すれば、プロで速球派として鳴らしている左投手よりいい真っすぐを投げます」

この小笠原とは対照的に、同じ東海大相模のもうひとりのドラフト候補・吉田凌の評判はいまひとつ。昨夏の神奈川予選決勝で大会記録の20奪三振をマークした右腕だが、今大会ではバラつきが激しかった。

初戦は9回途中1失点と好投したが、準々決勝では4回途中3失点でKO。続く準決勝では7回1失点と粘ったものの、プロの評価ではチームメイトの小笠原に大きく水をあけられている。パ・リーグ某球団スカウトも複雑な表情を浮かべる。

「見たまんまです…としか言いようがないですねぇ」

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年8月31日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。