馳浩文科大臣の本当の評判とは? プロレス時代から「イヤミなほど試合巧者」

馳浩文科大臣の本当の評判とは? プロレス時代から「イヤミなほど試合巧者」
プロレスラー時代の馳浩氏。政治家として必要な素質は、プロレス時代から発揮されていたという
10月7日に行なわれた内閣改造で、“清和会のノーザンライト”馳浩(はせ・ひろし)氏が文部科学相として初入閣。プロレス出身議員として、初の大臣となった。

馳氏は、自民党幹事長だった森喜朗氏にスカウトされ、1995年の参院選に立候補し初当選。2000年に衆院にくら替えし、05年の小泉政権時には文科副大臣を務めるなど、これまで当選7回のベテランとなっている。

***

永田町で馳氏の評判を聞くと、「話がわかる」「穏やかな人柄」「調整力がある」と、好意的な声が大多数。

「与野党関係なく、誰でも気さくにお話ししてくださいますし、いじめや過労死、LGBT法案など、いわゆる弱者支援の立法などにも熱心です」(元国会議員秘書)

プロレス出身の国会議員といえば、これまでアントニオ猪木氏、大仁田厚氏、神取忍氏らがいる。永田町では“イロモノ扱い”されることも少なくなかったが…。

「(馳氏は)派手さはないけど非常にクレバー。議連の会長をいくつも任され、堅実に立法にこぎつけています。前に大仁田さんが議員になった時は、採決が荒れると委員長をガードする役目を率先して引き受けていたけど、馳さんは間違ってもそんなことはしない。同じレスラー出身議員でくくっては馳さんに失礼です」(自民党担当記者)

「クレバー」「堅実」という素質はプロレス時代から備わっていた、と解説するのはプロレス通としても知られる“時事芸人”のプチ鹿島氏だ。

「プロレスラーとしての馳浩はとにかく試合が面白く、団体側からすると、使い勝手のよい選手でした。メインでも中盤でも間違いなく会場を盛り上げるし、シングルでもタッグでもいい働きをする。したたかでヤリ手、そしてイヤミなほど試合がうまい名バイプレーヤーでした。

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「森喜朗 + ラグビー」のおすすめ記事

「森喜朗 + ラグビー」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「岸信介」のニュース

次に読みたい関連記事「岸信介」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「竹下登」のニュース

次に読みたい関連記事「竹下登」のニュースをもっと見る

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年10月19日の政治記事

キーワード一覧

  1. 森喜朗 ラグビー

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。