映画『女子の事件は大抵、トイレで起こるのだ。』で主演を務めた蒼波純と同作に出演した吉田凜音(りんね)の14歳コンビとして注目される「ずんねfrom JC-WC」。

吉田が誕生日を迎え、15歳になる12月11日までの期間限定ユニットだが、今月18日に『14才のおしえて』をリリース。大森靖子がプロデュースと作詞作曲を手掛けたデビューシングルにふたりは驚いたという。

―ふたりの初対面は映画の時だったそうですが、それぞれその時の印象は?

吉田 透明感がヤバッ!って思いました。大森さんのPVとかで知ってたけど、ウチのこと知らなかったでしょ?

蒼波 うん…でもお母さんがすごいアイドルとかに詳しくて、知ってたみたいです。私はラッパーの人だと思って…。

吉田 違うから! なんか映画の役がラッパーだから本当にラッパーだと思ってたらしくて…。

蒼波 だって、ちゃんと上手いんですよ…だからこういう人なんだなって。

吉田 違うから!

―(笑)。仲良いですね。普段からこんなやりとりなんですか?

吉田 そうですね、いつもこんな感じだよね。ほのぼのした感じ? 「今日、虫がいたよね」みたいな。

蒼波 蜘蛛(くも)がいて~。

吉田 気持ち悪いな~みたいな。

―ただの世間話(笑)。

吉田 お互い地元にいるから遊んだりはあんまりできないけど、たまにメールしたりしてますよ。(注:吉田は北海道、蒼波は宮城)


―活発な感じの吉田さんと、おっとりした蒼波さんでキャラが真逆だから合うんですかね。