今、アイドル界隈で話題になっている3776(みななろ)。“富士山ご当地アイドル”として活動中だが、先日、待望の1stアルバム『3776を聴かない理由があるとすれば』も発売!

前編(「ファンが『ポカーン』と呆然…話題のアイドル・3776(みななろ)とは何者?」)に引き続き、唯一のメンバーである井出ちよのちゃん(14歳)とプロデューサー・石田彰氏のインタビューをお届けする。

記事の最後では、3776を激プッシュ中のミュージシャン、掟ポルシェ氏からのアツいコメントも掲載!

―3776は、曲だけではなくダンスもちょっと変わっていてカワイいですよね。振り付けは自分でしてるの?

井出ちよの(以下、ちよの) 半分くらい自分でしてます! 曲によっては、ずーっと上がり下がりがなくて、「振り付けするの難しいなー」って悩むのもあるので、そういうのは先生にお任せしています。

―“3・7・7・6拍子”の変拍子もあったりと、合わせるのが難しいでしょ?

ちよの そうですね。ヘンな曲の時は音を聴かないようにして歌ったりします。あと、ちゃんとフリを決めないで、アドリブで踊ってるところもたくさんあるんですよ。

―じゃあ、今日見たライブのフリは今日しか見れないんだ。

ちよの そうなんです。だから、ヘンなことをやって失敗することもあります。前に、アドリブでお客さんと「わ~」ってハイタッチしてたら、手がすべって頭とか叩いちゃって! 「やっちまったなー」って、後で反省しました。