セルジオ越後がサッカー協会会長選に期待したいこと 「将来的には中田英や澤のような若い人が出てくれたら」

セルジオ越後がサッカー協会会長選に期待したいこと 「将来的には中田英や澤のような若い人が出てくれたら」
原さんと田嶋さんのどちらが会長になっても注目したいのは…
大きな一歩だと思う。1月31日、日本サッカー協会が新しい制度での会長選挙を初めて行なう。

これまで会長は、数人の幹部が推薦した候補を理事会が承認、評議員が追認する形で決められていた。いわば“密室”選挙で、選考基準も過程も不透明だった。

ところが、FIFA(国際サッカー連盟)からそのやり方に問題があるとの指摘を受け、公開の選挙で会長を決める仕組みが導入されたわけだ。

選挙はJリーグ各クラブや各都道府県協会などの代表が務める評議員75人によって投票が行なわれる。こうしたトップ人事のオープンな選考は国内のスポーツ統括団体では初めてだそうだ。歓迎すべき変化なのは間違いない。

ただ、本稿締め切り時点で立候補しているのは、原博実(ひろみ)専務理事(57歳)と田嶋幸三(たしまこうぞう)副会長兼FIFA理事(58歳)のふたりだけ。ともに日本代表を統括する技術委員長を経験しているけど、ある意味、現職の大仁邦彌(だいにくにや)会長の“次”に向けて“順番待ち”していた人たちだけに立候補は予想通り。新鮮味やインパクトに欠ける。

「何かが変わるかも」という期待感を持ちにくい。せっかく公開の選挙をやるのだから、投票権のないファンに向けても、ふたりでサッカー番組に出演してマニフェストを発表するとかすればいいのに、そうした発想もないようだ。そこはちょっと残念だね。

また、もっとフレッシュな人物にもチャレンジしてほしかった。結果的に落選となっても、これまでの協会の在り方に一石を投じられるはず。さすがに今回は無理だとしても、将来的にはヒデ(中田英寿)や澤(穂希・ほまれ)のような若い人が出てくれると面白くなる。
週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年1月28日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。