伝説のパンクバンド「ザ・スターリン」のヴォーカル、遠藤ミチロウが初監督まで務めた自身のドキュメンタリー映画『お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました』が全国順次公開中だ。

遠藤ミチロウは1980年、ザ・スターリンを結成。自主制作ソノシート「電動こけし/肉」をリリース。全裸になったり、豚の臓物を投げたりと型にはまらない過激なパフォーマンスが話題を呼び、82年メジャーデビュー。

85年の解散以降はソロ活動や様々なユニットを結成し、65歳となった今も年間100本ものライブ活動を精力的に行なっている。グループ魂、YUKI、黒猫チェルシーから千秋まで影響を受けたと公言するバンドマン、芸能人は数多い。

この映画はそんなミチロウが還暦を迎えた2011年に行なわれたザ・スターリン再結成ライブ、還暦ソロツアー、東日本大震災への復興支援企画「プロジェクトFUKUSHIMA!」(大友良英ら同郷の福島出身ミュージシャンらと立ち上げた復興イベント)などの活動を追いかけ、様々なライブ映像やプライベートの舞台裏まで、見たことのないミチロウの姿を赤裸々に晒(さら)している。

活動を続けて35年ーー。伝説のパンクス、遠藤ミチロウは何を考え、この映画で何を見せようとしたのか? 映画製作の裏話から音楽活動までを語ってもらった。

***

―映画を観させていただきましたが、今回、ご自身で監督したのはどのような経緯で? 

遠藤 元々、映画会社から僕のドキュメンタリー映画を撮りたいってお話をいただいたんです。いいですよってお話したけど、肝心の監督が決まってなくて。だったら自分でとお願いしたんです。