『ビハインド・ザ・コーヴ』に疑問…「反捕鯨」=「反日」か? 歴史認識問題と同じく対立を煽っているだけ



―「反捕鯨」を「反日」と捉える人たちがいる背景には、日本が長年にわたって西欧諸国から「一方的な価値観を押し付けられてきた」とか「不公正な扱いを受けてきた」と感じている人たちの潜在的な不満や反発もある気がします。

マックニール そうですね。その点でいえば、西欧などの捕鯨に反対する国々にも多くの問題があると思います。例えば、僕がイギリスの新聞に寄稿した日本の捕鯨に関する原稿では、僕は文中で一度も「虐殺」という単語を書かなかったのに、実際に掲載された記事では「虐殺」という刺激的な言葉が用いられ、記事の内容も書き換えられたことがありましたが、これも全くフェアじゃない。

そうやってお互いの立場の違いを強調し、対立を煽(あお)ってばかりいては、ある意味「歴史認識」の問題などと同じで、建設的な議論も現実的な解決策も生まれません。文化的な違い、価値観の違いをきちんと尊重した上で、話し合うべき論点をしっかりと見極め、お互いが「誰」に「何」を理解してもらう必要があるのか冷静に考えることが大切だと思います。

●デイビッド・マックニール


アイルランド出身。東京大学大学院に留学した後、2000年に再来日し、英紙「エコノミスト」や「インディペンデント」に寄稿している

(取材・文/川喜田 研)

元の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年2月11日の政治記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。