議員の劣化が止まらない! 自民の下半身醜聞はなぜ二階派ばかり?

宮崎謙介衆議院議員(35歳)の辞任が波紋を広げている。全国紙政治部記者が言う。

「辞任は本人の決断ではなく、官邸筋の強い圧力があったから。党がダメージを受ける前に、すっぱり宮崎議員を切り捨ててしまおうというのが官邸の意向でした。本人は復活を期したいと話していますが、あまりにイメージが悪すぎる。政界復帰の目はもうないでしょう」

普通ならこれで一件落着となるはずだが、自民党内では今もゴタゴタが続いている。政治部記者が続ける。

「宮崎の辞任で、京都3区では補選(4月24日投開票)が行なわれます。自民党京都府連は宮崎に代わる候補を立てて戦うつもりでいますが、谷垣幹事長が擁立に後ろ向きで、党内でモメているのです」

谷垣幹事長が後ろ向き? その胸中を政治評論家の浅川博忠氏がこう代弁する。

「4月の補選は北海道5区、京都3区のW選となります。北海道5区は急死した町村信孝前衆議院議長の弔(とむら)い合戦だから、自民が取りこぼすことはないでしょう。ただ、京都3区はわからない。『ゲス不倫』に対する地元有権者の怒りは大きい。しかも補選に出馬の意向を示している民主党泉健太衆議院議員(比例近畿)は手ごわいので、自民候補は勝てない可能性が高い。

そうなると補選は1勝1敗となり、せっかく1月の宜野湾(ぎのわん)市長選で勝利した自民の勢いがストップしてしまう。7月の参院選にも悪影響が及びかねません。だったら1勝1敗でなく、擁立を見送って1勝1休としたほうが傷が小さくて済むと谷垣幹事長は判断しているのでしょう」
編集部おすすめ

当時の記事を読む

宮崎謙介のプロフィールを見る
週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「宮崎謙介」に関する記事

「宮崎謙介」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「宮崎謙介」の記事

次に読みたい「宮崎謙介」の記事をもっと見る

政治ニュースランキング

政治ランキングをもっと見る
お買いものリンク