有村架純らが出演し話題の月9『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ)で、連続ドラマ初出演ながら注目を集めている井ユキをご存知だろうか。

桜井は24歳で女優デビュー。当時は舞台などで活動していたが2013年より映画の世界へ。三池崇史監督の『極道大戦争』や園子温監督の『新宿スワン』『リアル鬼ごっこ』など、巨匠の作品で鍛えられてきた実力派女優なのだ。

そして、ついに今年『フローレンスは眠る』(小林克人・健二監督、3月5日公開)では初ヒロインを飾った。いまだ謎に包まれた彼女の素顔を直撃した。

―5年前、24歳でデビューということですが、どんなきっかけでこの世界に?

桜井 小学生の頃から女優になりたいという思いはあって、それ以前にもスカウトしていただいたことはあったんですよ。でもその時はまだ役者に対して強い思いがなかったので、お断りしていました。

―それがなぜやる気に?

桜井 今のマネージャーさんに声をかけていただいたんですけど、その時に「今やらないともうチャンスないと思うよ」とボソッと言われたんですよ。それがすごい届いたというか「もう今なんだ」って怖くなって、それで決意できたんです。それがなかったら、今でもくすぶってダラダラしていたんでしょうね。

―ある意味、脅迫ですね(笑)。でも、それまで全く演技経験もなかったんですか?

桜井 それまでは全然まったく、経験ゼロです。思っていただけで何もせずでした。だから初めてワークショップとかに通い詰めたんですけど、毎日コテンパンにされましたね。