丸山議員発言で波紋…アメリカの属国扱いなら日本は51番目の米州になるべき?

かつてバラエティ番組の名物弁護士としてお茶の間をにぎわせた自民党の丸山和也参議院議員が、先月17日に開かれた参院憲法審査会の場で「今、アメリカは黒人が大統領になっているんですよ。(中略)これは奴隷ですよ、はっきり言って」と発言し、問題視された。

丸山氏としては「アメリカはかつての奴隷である黒人も大統領になれるスゴイ国」と言おうとしたようだが、しかし、その場で発したもうひとつのこんな自説も批判を浴びている。

「日本がアメリカの51番目の州になるということに憲法上どんな問題があるのか?」「集団的自衛権や安全保障条約は全く問題にならない」「『ニッポン州』の出身者が米国の大統領になる可能性が出てくる。世界の中心で行動できる日本になり得る」

この発言の真意はともかく、日本が本当にアメリカの51番目の州になったら、どんなメリットがあるというのか? この機会に、まじめに検証してみることにした。

まずは、日米両国の基本データを確認しておこう。アメリカの人口約3億2千万人に対して日本の人口が約1億2681万人(2016年2月の総務省推計)。アメリカが日本を「併合」するとアメリカの人口は約4億4千万人になり、そのうち約4分の1強が日本人…もとい「日系人」ということになる。

アメリカの人種別人口構成を見てみると、中南米系のヒスパニックを含めた白人が約7割、黒人・アフリカ系が約12%強といわれているので、「日系人」は黒人の実に2倍以上! 白人に次ぐ“巨大マイノリティ”の誕生だ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

政治ニュースランキング

政治ランキングをもっと見る
お買いものリンク