サッカー協会新体制のスタートにセルジオ越後が「西野氏のプライドに期待したい!」

サッカー協会新体制のスタートにセルジオ越後が「西野氏のプライドに期待したい!」
トップに就任する西野朗氏は、過去の技術委員長たちとは違った仕事ぶりを見せられるか
今年1月に行なわれた初の会長選挙に勝った田嶋幸三(たしま・こうぞう)新会長(58歳)の下、日本サッカー協会が新たなスタートを切った。

新体制の目玉人事として、元日本代表監督の岡田(武史)さん(59歳)が“ナンバー2”の副会長に、1996年アトランタ五輪のU-23日本代表やJリーグのG大阪、名古屋などの監督を歴任した西野(朗[あきら])さん(60歳)が、強化・育成部門トップの技術委員長に就任する。

田嶋さんと岡田さんは現役時代に同じチームでプレーするなど付き合いも長く、親しい間柄。また、西野さんがU-23日本代表監督を務めていた時に田嶋さんはスカウティングのサポートを行なうなど、こちらも気心の知れた関係。3人とも同世代で、トップの田嶋さんが働きやすい環境を整えることには大いに賛成だ。

ただし、仲がいいことには、よい部分も悪い部分もある。遠慮なく意見をぶつけ合い、いい方向に進むのか、それとも“なあなあ”の関係になってしまうのか。結局のところ、田嶋さんがふたりに何をどこまで求めるのかにかかっているんじゃないかな。

岡田さんは現在、四国リーグのFC今治のオーナーを務めているので、実質的には“非常勤”の副会長になるようだ。個人的には、せっかく協会入りするならそんな中途半端な形ではなく、100%打ち込んでほしい気持ちが強い。ただ、抜群の知名度を生かして協会のPR役に徹するというのもアリだとは思う。当然、田嶋さんもその部分への期待も大きいはず。

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る 2016年3月31日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。