メジャースカウトたちが明かす前田健太の真価「アメリカでも誰もが知る投手になる」

日本時間4月7日、念願のメジャーデビューを果たしたロサンゼルス・ドジャースの“マエケン”こと前田健太。初登板となったパドレス戦では6回を投げ、5安打無失点の快投。さらに、自らホームランを打つ活躍もあり、初勝利でファンの心を一気につかんだ。

ファンのみならず、キャンプ、オープン戦での投球を見てきたメジャー関係者の評価も上々だ。ドジャースと同じナショナルリーグに所属する某球団のスカウトは次のように語る。

「現在、前田はドジャースの先発ローテーション3番手扱い。順調に力を出せれば、年間180イニングを投げ、15勝10敗、防御率3点台後半あたりの数字も期待できると見ています」

マエケンといえば、昨年まで6年連続2桁勝利を挙げている広島のエース。しかし、よく考えてみると大谷翔平(日本ハム)のような剛速球もなければ、田中将大(ヤンキース)の24勝0敗(楽天時代の2013年)のような伝説的な実績もない。

さらに、ダルビッシュ有(レンジャーズ)のような「見るからにエグい球」もない。岩隈久志(マリナーズ)のスプリットのような空振り必至の落ちる球もない…。

日本の野球ファンも、「前田のどこがスゴいのか」をきちんと説明できる人は意外と少ないんじゃないだろうか? マエケンを広島時代からずっと見続けてきた、ナ・リーグ某球団のアジア担当スカウトはこう解説する。

「球威、球速は、メジャーでは“並”の水準。日本時代はスライダーが決め球でしたが、それもメジャーでは絶対的なウイニングショットにはなりません。ただ、逆に言えばすべての面で平均的に高いレベルにある。あえて言えば『特徴がないのが最大の特長』でしょうか。

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年4月11日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。