中東研究者・内藤正典×イスラーム学者・中田考がイスラーム差別を語る「難民を生み出し、彼らを殺しているのもヨーロッパ人」

昨年1月に起きたフランスのシャルリー・エブド襲撃事件に続いて、11月にはパリ同時多発テロ、今年の3月にはベルギーのブリュッセル空港などで連続爆破テロが…。ヨーロッパ各地でイスラーム国(IS)によるテロが頻発している。

一方、「ISの壊滅」を目指して続けられる空爆は大量の難民を生んでいる。その難民はヨーロッパに押し寄せ、イスラーム排斥運動を刺激、次のテロが導かれる…。この負の連鎖を止める手立てはあるのか?

中東研究者で同志社大学の内藤正典教授と、日本唯一のイスラーム法学者である中田考(こう)氏が緊急トーク! 『イスラームとの講和』(集英社新書)を刊行したばかりのイスラーム学者ツートップが前回記事(「イスラームへの無理解が悪化している」)に続き、語り尽くした後編。

■イスラーム差別が進み、さらなるテロを招く

内藤 先ほど中田先生の話にもありましたが、今、ヨーロッパでのイスラーム差別、排斥運動の高まりは非常に深刻な状況になっています。

例えばドイツでは、ムスリムの人たちを排斥しようという運動が急激に盛り上がっていて、PEGIDA([ペギーダ]西洋のイスラーム化に反対する欧州愛国主義者)という政治団体が反イスラーム運動を繰り広げ、それに呼応する人たちも増えている。

昨年、テロの標的となったフランスでは、イスラーム教徒が街を歩いているだけで敵対的なまなざしを受けます。かつてはイスラームも難民もウエルカムだったオランダでさえ、イスラーム排斥運動が台頭し始めています。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク