ゴミでも売れる? ネットオークションよりフリマアプリで小遣い稼ぎできるワケ

これまで女のコがユーザーの中心だった「フリマアプリ」だが、最近はファッションアイテム以外も出品できるアプリが続々登場し、男性ユーザーも急増中だ。今なら、お小遣い稼ぎに使える?

まずは生活総合情報サイト『All About』のスマートフォンガイドを担当する小口覺(おぐちさとる)さんにその実態を聞いた!

「フリマアプリは2013年頃から各社のサービスが提供され始めて、最大手の『メルカリ』は昨年10月に国内2千万ダウンロードを突破。消費税のかからない個人間取引という点ではヤフオクなどのネットオークションと同じですが、フリマアプリは売り手が値段を決められ、販売期限の設定がない。そのため購入の際は基本的には早い者勝ちなので、出品してすぐに売れることも多いんです。

月額費用がかからず、出品者の負担は販売手数料と送料だけのアプリが多い点も、ネットオークションとの大きな違いですね」

初期費用が全くかからないというのはありがたいけど、お金のやりとりでのトラブルとかはない?

「フリマアプリの運営会社に入金されてからの商品発送となるので、商品代の未払いは基本的にありません。また、売り上げた金額は運営会社が指定口座に振り込んでくれ、大手には売上金が1万円以上だと振込手数料が無料となるサービスもあります。そんな簡単さや安心感がヒットした要因でしょう」(小口氏)

では、どんなフリマアプリがあるのでしょうか?

「最大手は『メルカリ』で、他には楽天が運営する『ラクマ』やZOZOTOWNのスタートトゥデイが運営する『ZOZOフリマ』といったアプリが有名どころです。その他、最近は売買する商品をあるジャンルに限定した『オタマート』(アニメ・アイドルグッズ)や『セルバイ』(釣り具)といったアプリも登場しています」(小口氏)

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「消費税」に関する記事

「消費税」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「消費税」の記事

次に読みたい「消費税」の記事をもっと見る

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク