知られざる高倉健の素顔。不器用ではない本名・小田剛一が自らに見出した“日本の美”

知られざる高倉健の素顔。不器用ではない本名・小田剛一が自らに見出した“日本の美”
高倉健の圧倒的な存在感に迫る長編ドキュメント『健さん』でメガホンを取った日比遊一監督
俳優、高倉健が死去して2年。その圧倒的な存在感に迫る長編ドキュメント『健さん』が8月20日に公開。

『ブラック・レイン』で共演したマイケル・ダグラス、『タクシードライバー』のマーティン・スコセッシ監督、『ミッション:インポッシブル2』のジョン・ウー監督、『幸福の黄色いハンカチ』の山田洋次監督など、生前の高倉健を知る国内外20人以上の証言を元に構成される、その知られざる“健さん像”は必見だ。

メガホンを取ったのはニュヨーク在住歴30年、写真家としても知られる日比遊一(ひび・ゆういち)監督(51)。この作品で日比監督は人間・高倉健の魅力をどう描こうとしたのか? 独占直撃した。

―国民的スターでありながら、限られたインタビューしか受けないなど、素顔や私生活は厚いベールに包まれていた健さんのドキュメントを作るのはたやすいことではなかったはず。プレッシャーは感じませんでした?

「なかったわけではない。でもオファーを引き受けるにあたり、ためらいは全くありませんでした。理由はふたつ。ひとつは僕自身が高倉健の大ファンであったこと。もうひとつは国内だけでなく、世界の映画ファンに『日本にこんな凄い映画スターがいたんだ』ということをきちんと知ってもらいたかったからです」

―アメリカなど海外では高倉健という役者はあまり知られていない?

「残念ながら、知名度はさほど高くありません。日本のムービースターといえば、最初に名前が上がるのは圧倒的に三船敏郎さんです。三船さんの名前が浸透しているのは、多くの国の映画人が彼らの言語でその魅力を分析・評論していることが大きい。それに比べると、俳優・高倉健について適切に語っているものはあまりにも少ない。これでは健さんの魅力が世界に伝わりません。だからこそ、多くの世界的にも著名な映画人に登場してもらい、魅力を率直に語ってもらうことにこだわりました」

あわせて読みたい

高倉健のプロフィールを見る
週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「高倉健 + 映画」のおすすめ記事

「高倉健 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「勝新太郎」のニュース

次に読みたい関連記事「勝新太郎」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「渡辺謙」のニュース

次に読みたい関連記事「渡辺謙」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年8月20日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 高倉健 映画

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。