「東京五輪でまん延する」と検査官が懸念する遺伝子ドーピングとは?

日本人選手のメダルラッシュに沸き、歓喜のうちに幕を下ろしたリオ五輪だが、4年後の東京五輪にズシリと重い宿題も残した。

開幕前、反ドーピング活動を推進する国際組織、世界反ドーピング機関(WADA)が報告したロシアのドーピング問題。それは国家ぐるみの薬物使用と隠ぺい工作の実態を伝える驚愕の内容だった。

大会期間中にも、中国やブラジルをはじめ、禁止薬物を使用した選手が数名発覚。いずれも失格処分となった。WADA公認の薬物検査機関に所属するベラ・シュナイダー博士がこう話す。

「これから参加選手すべての追跡調査が本格化します。今後、違反者は数十人単位で拡大するでしょう」

しかし、4年後の東京五輪では、ドーピングの使用がさらに横行すると予測する。

「国主導の薬物使用はロシアだけの問題ではありません。ドーピングを国策として進める中国、開発技術が高いといわれるスロベニアなど組織的にドーピングを行なっている国は少なくない。この問題は年々、深刻化しています。4年後は検査の網をすり抜ける高度なドーピングを使用する選手が増加し、かつてないほど薬物に汚染された五輪となるかもしれません」

では現在、ドーピングはどんな種類のものが多用されているのだろうか。

リオ五輪では重量挙げのモンゴル人選手がテストステロン(ステロイドの一種)、自転車競技のブラジル人選手がエリスロポエチン(EPO)という禁止薬物で失格処分となっている。ドーピング事情に詳しい十文字学園女子大学の高橋正人教授がこう話す。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「東京五輪」に関する記事

「東京五輪」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「東京五輪」の記事

次に読みたい「東京五輪」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク