鍼や脳外科施術で筋力増強、東京五輪では“ステルスドーピング”が蔓延する!

日本人選手のメダルラッシュに沸き、歓喜のうちに幕を下ろしたリオ五輪だが、4年後の東京五輪にズシリと重い宿題も残した。

開幕前、反ドーピング活動を推進する国際組織、世界反ドーピング機関(WADA)が報告したロシアのドーピング問題。それは国家ぐるみの薬物使用と隠ぺい工作の実態を伝える驚愕の内容だった。

検査をすり抜ける新技術の開発と取り締まりの“いたちごっこ”はし烈さを増すばかりだ。リオ五輪では一部の選手が筋肉増強作用があるテストステロンを使用していたことが発覚したが、4年後の東京五輪では「遺伝子ドーピングが主流になる」と懸念されている(前編記事参照)。

遺伝子ドーピングとはどんなものか? 反ドーピング活動を推進する国際組織、世界反ドーピング機関(WADA)直轄の監視委員会に所属するメイ・ヨコヤマ博士がこう話す。

「遺伝子ドーピングの技術開発はロシアが盛んです。現在はPEPCK-Mという“骨格筋遺伝子”が注目され、これを使えば筋力は通常時の2.5倍、持久力は12倍になるとされています」

ほかにも、五輪の短距離選手の多くが持っているとされるスプリンターの遺伝子「577R」、筋肉増強遺伝子「IGF1」といった“スーパー遺伝子”が確認されているという。

こうした遺伝子をどんな手法で体に組み込むのだろう。ドーピング防止を目的にアスリート向けに薬の指導を行なうスポーツファーマシストの遠藤敦氏がこう話す。

「ウイルスを使うのが代表的です。ウイルスは自分たちだけでは増殖できず、寄生する相手細胞に潜り込んで自らの遺伝子を広める性質があります。この特性を利用し、IGF1などの改変遺伝子を仕込んだウイルスを選手の体内に潜り込ませ、人為的に遺伝子を組み換えるのです」
編集部おすすめ

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「東京五輪」に関する記事

「東京五輪」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「東京五輪」の記事

次に読みたい「東京五輪」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク