うなぎを擬人化した水着姿の少女に批判殺到! PR動画“大炎上騒動”は確信犯なのか

一方で、腰をくねらせながら水着姿でフラフープをさせる姿も「児童ポルノ」的と批判されているところだが…

「あのシーンでは志布志のうなぎはストレスを与えず、伸び伸びと育てていますよ、という点を表現させてもらっています」

ちなみに、演じたふたりの“少女”は女優の佐々木萌詠(もえ)さん(20歳)と動画を制作した会社が鹿児島市内でスカウトした現役中学生だという。

「うなぎを女性に擬人化させるという制作側のアイデアが、ノスタルジックで美しい作風にしたいという我々のコンセプトにはまり、女性を起用することになりました」

市の担当者はそう弁解するが、最近の自治体のPR手法を見ると“意図的に炎上を狙ったのではないか?”と思ってしまう事例も少なくない。

2011年8月には北海道長万部(おしゃまんべ)町の毒舌(どくぜつ)を売りにする、ゆるキャラ「まんべくん」がツイッターで「どう見ても日本の侵略戦争が全ての始まりです。ありがとうございました」と発言、2日後にアカウント中止に追い込まれた。

昨年には三重県志摩市が公認した海女(あま)の萌えキャラ「碧志摩メグ」がグラマーな女性の身体を過度に表現したものとしてデザインの撤回を求める署名運動へと発展している。今回、騒動となった“うな子”の動画も同じ匂いがするが、実際のところは…?

「この動画を発信することでいろんなリスクがあるだろうなという想定はしていましたが、当然、あえて炎上を狙ったというようなことは一切ありません」

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年9月28日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。