かわいすぎる話題の15歳フィギュアスケーター、本田真凜は再び世界女王を目指す!

昨シーズン(2015-2016シーズン)、初出場でフィギュアスケート世界ジュニアを制覇した本田真凜(まりん)の注目度がさらに上昇している。JALとスポンサー契約して話題になるなど、2017年期待の女子アスリートのひとりだ。

12月25日まで開催されていた全日本フィギュアスケート選手権でも15歳の笑顔が思い切り弾けた。

* * *

実は今シーズン、本田は大きな悔しさを味わっていた。「勝って当然」というプレッシャーに苦しみながらジュニアグランプリシリーズに出場して上位に入り、なんとか12月上旬のジュニアグランプリファイナルに進出したものの、開催地のフランス・マルセイユ到着後、インフルエンザと診断されて欠場。優勝どころか戦うこともできなかったのだ。

「ファイナルに出られなかった分、全日本は絶対に出たいと思っていました。(2017年3月の)世界ジュニアへの思いも強くなって、(上位に入って)出場の切符をとることが目標だったから緊張はしたけど、プレッシャーにはならなくて、すごく楽しくてワクワクした気持ちでできました」

その結果、24日のショートプログラムをノーミスで滑って67・52点を獲得し、宮原知子(さとこ)と本郷理華、樋口新葉(わかば)に次ぐ4位で発進。

「緊張したけど、滑る前に(コーチの)濱田先生から『(体調が快復してスケートリンクに)戻って来られてよかったね』と言われて気持ちが楽になりました。ファイナルを欠場してから、スケートが好きなんだということをあらためて思いましたし、試合に出られる幸せを感じながら滑ることができました」
編集部おすすめ

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「フィギュアスケート」に関する記事

「フィギュアスケート」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「フィギュアスケート」の記事

次に読みたい「フィギュアスケート」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク