新年を迎え、1月もあっという間に半ば過ぎだが…2017年が一体どんな年になるのか、気になっている人も多いのでは?

そんな中、週プレNEWS編集部では、元・恵比寿マスカッツのグラビアアイドル篠原冴美が実家で占いの館「実家占い」を開業したという情報を入手! 今年の行方を占ってもらうため、突撃取材を行なった!

* * *

東京のはずれにある篠原家に着くと、彼女自身と占い師をやっている母・朋子さんが取材班をお出迎え! 外観は特に変わったところのない普通の一軒家だが、カウンセリングルームと呼ばれるリビングは、アジアンテイストでどことなく占い館っぽい雰囲気…(当然?)。

―早速、お話を伺いたいと思いますが、それにしても篠原さん、どうして水着に…?

篠原 週プレNEWSさんなので、水着のほうがいいだろうと思って!

―ありがたいですけど、水着姿のグラドルが実家でお母様と並んでいる姿はすごくシュールです!(※注) そもそも、お母様はどうして占いを始めたんですか?

※撮影のため水着姿ですが、「実家占い」は私服で行なっています。
写真はイメージです。

母 私が元々、死後の世界のようなスピリチュアルなものに興味があったんです。5年前、まつ毛エクステのサロンを開いている友達から「部屋がひとつ空いているから、何か商売をしないか」と言われて、「じゃあ、昔から好きな占いをやってみようか」と、勉強して占い師になったんです。

篠原 実の母からいきなり「占い師になる」って言われた時は「絶対信じない!」って思いました(笑)。ちょっと怖かったくらいです。

―まぁそうですよね、普通…。


篠原 でもその時、「ママが言ったことが3つ当たったら信じよう」って思って。そしたら、私が恵比寿マスカッツのオーディションを受けた日に、電話先でママが結果を占っていて、「これは100%受かるね」って言うんです。その電話を切った直後、マネージャーさんが合格を伝えてきてくれて。

―ええ!? いきなり的中!?

篠原 本当はまだ審査があるはずだったんですけど、全部飛ばして一発で「決定」って言われたんです。そういうことが立て続けに3つ続いたんですよ。他にも「このコは2月17日に人生変わることが起きる」って占った友達なんか、その2月17日に婚約者の浮気相手から電話がかかってきて、そのまま婚約破棄になってしまったり…。


―日付まで!? めっちゃ当たるじゃないですか!

篠原 「占いってすごいな」って思って、私もママから習いたいって。

―確かにすごい! で、冴美さんはいつ頃から習い始めたんですか?

篠原 3年くらい前かな? 占ったものが当たるまでは1年くらいかかったんですけど、2年目くらいから「当たりすぎて怖い」って言われるようになって(嬉しそうに)。「怖い」って、占い師からすればホメ言葉なので。

―そんな中、いつからふたりで「実家占い」を始めたんですか?

母 昨年の5月がちょうど私の星回りのいい時だったんです。そこで実家でも占いをやるようになりました。完全予約制で月に1~2回開いてます。


篠原 予約していただいたら、お客さんには当日、最寄り駅まで来てもらって、車で誘拐するんです。

―誘拐!?

篠原 あ、違う。おびき寄せて?

―言い間違えがひどすぎる!(笑) 車での送迎もあるんですね。料金とかはどんな感じなんですか?

母 1時間1万円で、冴美や私がお話を聞きながらタロットや西洋占星術で占います。

篠原 ちなみに、売上はママと“ぶっぱん”です。

母 折半ね。


―言い間違えがひどすぎる!(2回目)…やっぱり、篠原さんのファンが多かったり?

篠原 ファンの方以外はまだほとんど来てないですね。ツイッターで占いたい方を募集するんですけど、毎回すぐに埋まってしまうので、必要とされてるのかなと思っています。

―まさかの大人気!? で、8ヵ月やってみて、感想はいかがですか?

篠原 ここで1時間、ひとりの人の家族や仕事、恋愛の話を聞いていると、ファンの人の中身を知ることができるんですよ。だからこそ、イベントでも心から「また来てください」って言えるようになれましたね。人を見て理解するって面白いです。新年になったし、心機一転、“新実家占い”みたいな感じで頑張りたいですね!

―まだ始まったばかりなのに、リニューアル早すぎますよ!(笑)



















では、そんな篠原親子に、2017年がどんな年になるか占っていただこう! まずは、国民全員が気になる「日本の景気」を!









■2017年の日本の景気は?

篠原 じゃあ、「現状」「過去」「近未来」「未来」を示す位置にどんなタロットカードが出るかで運勢を見る“ケルト十字法”で占いますね(カードをめくっていく)。




・過去…『カップ(杯)の6』









「平和的だけど発展的ではない」という意味のカードです。昨年の日本は経済的にはあまり伸びなかったのかもしれません。

・現在…『テンパランス(節制)』









「物事がうまく流れていく」という意味です。今の日本は株価も上がっているし、その部分が表れたようですね。

・近未来…『ペンタクル(お金)の王』









「トップの人物を中心に豊かになる」という意味なので…安倍総理ですかね? 日本にお金をもたらしてくれそうです。

・未来…『スター(星)』の逆位置(カードが逆さの向きで出ること)









たとえ良いカードでも、逆位置で出てしまうと悪い意味になってしまうこともあるんです。
『スター』の逆位置は「希望はあまり叶わない」という意味になってしまうので、大きな期待はしないほうがいいかもしれませんね…。



母 昨年から最近にかけて、日本の景気はゆるやかに上向きになっているみたいですね。ここから近い将来、ものすごく景気がよくなりますけど…それは一瞬で、下半期には何か問題が起きてしまう可能性もありそうです…。

―そんな! 喜びも“つかの間”だなんて!

篠原 私、政治はあんまりわからないですけど…“警戒心”を指す『ソードの王子』も「アドバイス」の位置に出ているので、もっと頭を使って用心深く進む必要があるみたいです。

母 アメリカ大統領もトランプさんになったし、一見、日本にいい影響を与えていたとしても油断できない…とかだと怖いですね。株には要注意かもしれません。

―昨年はアメリカ大統領選で、株価が大変なことになりましたからね。好景気ができるだけ長く続きますように!

◆続編⇒グラドル・篠原冴美の“実家占い”とは…2017年のプロ野球がとんでもない日本シリーズに!?

●篠原冴美(しのはら・さえみ)









1992年8月29日(24歳)京都府出身。身長165cm B90 W57 H90 ○調布FM「栗山夢衣の初体験ラジオ『ちょーふあんです。』」出演中。DVD『Secret Lover 2』も発売中! その他情報はTwitterをチェック! @shinoharasaemi

(取材・文/アオキユウ[short cut] 撮影/武田敏将)

元の記事を読む