30周年を迎える「アサヒスーパードライ」はなぜ日本人に選ばれ続けているのか?

日本のビールの常識を打ち破った“生ける伝説”「アサヒスーパードライ」が今年で30周年!

今や年間1億箱を売り上げるモンスター商品が、長きにわたって私たちを魅了し続ける秘密を探った。

* * *

累計販売数37億箱を超える、日本一売れているビール「アサヒスーパードライ(以下、スーパードライ)」。

「スーパードライ」は30年前の1987年3月17日、日本初のドライビールとして産声を上げた。発売直後から人気に火がつき、10年後にはアサヒビールのビール年間シェア1位を獲得。以降20年にわたり日本を代表するビールとして走り続けているのだ!

しかし、なぜ「スーパードライ」が長年、日本人に選ばれ続けているのか? アサヒビールさん、その秘密を教えてください!

「実は『スーパードライ』を開発する前の85年、弊社のビール市場のシェアは9.6%と過去最低で、倒産の危機に直面していたともいわれています。

そんななか、マーケティングを重視する方針に変え、東京と大阪で5000人の嗜好(しこう)調査を実施。当時は、『お客さまはビールの味がわからない』というのが業界の常識でしたが、われわれは『ビールのうまさの判断基準は時代とともに変化する』『お客さまはビールの味がわかる』という仮説を立て、調査を行なったんです。

すると、当時主流だった“重くて苦いビール”から、“のどごしのよいすっきりした味わいのビール”へと嗜好が変化していることがわかりました。それを基に、86年にコクがあるのにキレがある『アサヒ生ビール』を発売しました」(アサヒビール広報)

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年3月19日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。