“総合格闘技のメジャーリーガー”堀口恭司が逆上陸!「RIZINのベルトを巻いて、再びUFC王者と闘いたい」

4月16日、横浜アリーナで開催されるRIZINに、とんでもなく強い日本人ファイターが初参戦を果たす。

堀口恭司、26歳――軽量級とは思えぬ破壊力抜群の打撃を武器に2013年から米UFCに参戦すると7勝1敗の成績を残した。唯一の敗戦はフライ級絶対王者、デメトリアス・ジョンソンに挑んだタイトルマッチだ。しかし、以降は3連勝中で、タイトル再挑戦が期待されていたところだった。

そんな堀口が今年、UFCを電撃離脱し、RIZIN参戦を決意。その理由はなんなのか? 現役バリバリのメジャーリーガーを直撃した!

***

―RIZIN参戦を発表した時は、どのような反響がありましたか?

堀口 誰にも相談せずに決めたので、近しい人たちからは「ひと言あってもいいじゃないか」とは言われましたね。身内の反響はすごかったけど、それ以外はよくわかりません。

―RIZINは2015年末に旗揚げされましたが、どう見ていましたか?

堀口 自分はUFCに上がっていたから、その他のリングへの興味はなかったんですよ。ただ、UFCとの契約を継続するかどうか考えた時に納得できない話があって、そこで初めて他の道も考え始めたんです。RIZINもそうだし、ベラトール(アメリカでUFCに次ぐ大手団体)はどうかなとか考えていました。

―UFCと再契約をしなかった一番の理由は、試合数が少なかったから?

堀口 それもありますね。やっぱり試合をやらずに、いい時期を無駄にしたくなかったので。昨年は2試合でしたけど、最低、年間3試合はやりたいんです。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「RIZIN」に関する記事

「RIZIN」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「RIZIN」の記事

次に読みたい「RIZIN」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク