『もやし』が食卓から消える? 激安すぎて生産者の経営が困難に!

庶民の野菜「もやし」が激安価格すぎて消滅の危機! それなら食べて応援だ!!

「このままでは日本の食卓から『もやし』が消えてしまうかもしれません」

3月9日、もやし生産者団体「もやし生産者協会」は「もやし生産者の窮状にご理解を!」という文書の中でそう訴えた。

これは、もやしの販売価格が40年前とほぼ変わらない一方で(200g入り1袋30円前後)、原料費や人件費などの生産コストが約3倍に上がっていること。そのため経営難に陥り、2009年に全国で230社あった生産者の半分近く(約100社)が廃業してしまったことを伝えたかったからだ。もやし生産者協会の担当者が言う。

「もやしはタイムセールなどで1円で売られていることがあり、スーパーなどでは19円といった値段もざらです」

なぜ、ここまで安く売られるのか? もやし生産者協会の林正二理事長が解説する。

「もやしを安い値段で売っていると、そのお店全体の野菜が安いという印象をお客さんに与えやすいんです。そのため、お店は利益を求めずに可能な限り安く売る。すると、ほかのお店も対抗して安くするという構図です。でも、そうなると納品価格を上げるのが難しく、生産者側も利益が出ないし、お店側も利益が出ない。どちらも損をすることになるんです」

では、適正価格は?

「40円前後。生産コストの値上がり分5、6円を受け入れていただいて、販売価格で10円上げていただければ…」
編集部おすすめ

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク