深刻化する日本の「情報隠蔽体質」ーー共謀罪と公安の恐ろしい裏側とは

深刻化する日本の「情報隠蔽体質」ーー共謀罪と公安の恐ろしい裏側とは
権力が「邪魔だ」と考える人物を除去するのが目的ならば、共謀罪は絶大な威力を持つ、と語る青木理氏(右)と山田健太氏
       
「携帯はあなたの情報を政府に知らせています」――ギョッとする帯文が目に飛び込む、『スノーデン 日本への警告』(集英社新書)が話題を集めている。

エドワード・スノーデン氏は、2013年にアメリカ政府が全世界の一般市民を対象に大規模な監視体制を構築していた事実を暴露した「スノーデン・リーク」で世界を震撼させた元情報局員。

本書は、第一章でスノーデン氏が日本人に向けて深刻な監視社会の実情を解説し、第二章は国内外のジャーナリストらによるディスカッションという構成となっている。折しも、日本では政府が「共謀罪」の成立を急いでおり、アメリカのような監視社会はもはや対岸の火事とは言えなくなってきた。

出版を記念し、共著者のひとりであるジャーナリストの青木理氏、そして専修大学人文・ジャーナリズム学科教授の山田健太氏によるトークイベントが行なわれた。前編記事(「共謀罪成立で限りなく違法に近い公安活動が一般化する!」)に続き、メディアを萎縮させる特定秘密保護法など、深刻化する日本の「情報隠蔽体質」に迫る――。

***

山田 これまで、情報機関が本気で情報収集したらどういうことが起きうるのかというお話をしていただきました。では、その一歩手前、身柄を拘束できる権限についてはどうか。やはり、これが大きいと思うんです。

つまり、これまでは「違法行為をしたから」という理由で身柄を拘束できたわけですが、共謀罪が成立すれば「やるかもしれないから」という理由で捕まえられるようになる。身柄を拘束したあと、起訴をするのか、裁判までもっていくのかという以前に「世の中にいると邪魔だ」と思う人物がいたら拘束して留置できる。それが非常に容易になることを私は怖れるわけです。

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「深刻化する日本の「情報隠蔽体質」ーー共謀罪と公安の恐ろしい裏側とは」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    なんで共産国家みたいな真似を始めた政府を右翼の人々が礼賛しているのだ?

    2
  • 匿名さん 通報

    日本や、その他の真面目な国の隙に付け込んで、その国と国民の政治・生活を転覆させようとしている侵略者共が一番悪いのだろう。これをやらないと、彼等の食い物になってしまう。ここにも彼等は来ているだろうな。

    2
  • 匿名さん 通報

    ネトウヨ君もお目出度いね。自分には監視社会なんて関係ないと思ってるんかな?

    2
  • 匿名さん 通報

    日本にスノーデン氏のような人物が現れ得ない。彼のような内部告発者が現れた時にそれを受け止められるメディア、マスのジャーナリストはいない。日本のメディアは政府の言うがまま(朝日でも)。

    1
  • 匿名さん 通報

    ぱよくがいっても 説得力がない、そりゃ、パヨクが賛成意見いうわけがないじゃない。右翼ポイ人で反対している人を探してこい。

    0
この記事にコメントする

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年6月3日の政治記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。