「エコーチェンバー」という言葉をご存知だろうか? SNSなど、主にネット空間に見られる病的な集団行動として紹介されることが多いが、特に現在のアメリカ社会で顕著なのだという。

そこで、正真正銘ハーバード大卒のマルチタレント、パックンマックンのパックンこと、パトリック・ハーラン氏に解説していただいた!

前編記事(「ネット空間の病的集団行動『エコーチェンバー』とは?」)では「自分と同じ意見の人ばかりが集まり、異なる意見は受け入れない。その結果、狭い世界に閉じこもってしまう現象」とした上で、アメリカ社会の深刻なエコーチェンバー化を自身の体験を含めて語ったパックン。では、日本においてはどうなのか?

***

─そんなアメリカと比べて、日本のエコーチェンバー化はどこまで進んでいると思いますか?

パックン 日本でもテーマによっては少しずつ、そういう傾向が出てきているかもしれないけれど、正直、アメリカに比べたら遥かにマシだと思いますね。「エコーチェンバー」という言葉自体がまだ広まってはいないし、現象としてもアメリカほど進んでいない気がします。日本はまだみんな全国ネットのTVを観ているし、インターネットもヤフーニュースが主流だから、日本人の大半が「主要な情報源」をある程度共有している。そういう意味ではアメリカの現状とは大きく違うと思います。

ただ、日中関係や日韓関係などのテーマではエコーチェンバー化している部分も見られます。こういったテーマにおいて、日本は外部からの異論と正面から向き合えているのか、議論することを排除してはいないか…。日本という島国が外の世界から切り離されたエコーチェンバーにならないようにするためにも、きちんとした議論ができる環境を守ることは大切だと思います。