完成を東京五輪に合わせた“外環道ファースト”? 総工費1兆6千億円の問題だらけな大事業に小池都知事は無反応…

完成を東京五輪に合わせた“外環道ファースト”? 総工費1兆6千億円の問題だらけな大事業に小池都知事は無反応…
シールドマシン発進式で祝辞を述べる小池知事(東京都HP.より)
       
来たる7月2日に迫った都議会選を前に優勢とされる都民ファーストの会だが、前回記事「都民ラスト? 完成まで200年の『スーパー堤防』計画で“おしゃれに安全を確保”って…」に続き、小池都知事の都政に懸念を覚えざるを得ない問題はまだある。

今年2月19日、東京都世田谷区で「東京外かく環状自動車道」(以下、外環道)の「シールドマシン発進式」があった。シールドマシンとはトンネルを建設するための巨大掘削機のことだ。

式典会場の外では周辺住民が集結し、「勝手に掘るな!」「外環道ファースト?」などの抗議のプラカードが上がった。対して、会場内では小池都知事が「国際競争に勝ち抜き、我が国の成長を牽引するには、人と物のスムーズな流れの確保が重要。外環道の整備事業は、その中心となる取組みで、大いに期待をしています」と挨拶をした。

外環道とは、国が1966年に計画した千葉県、埼玉県、東京都を環状に貫く自動車道だが、練馬区にある大泉インターチェンジから南へ16キロの東名高速道路までをつなぐ部分が、大気汚染や騒音を懸念する住民の長年の反対運動を受け30年間も凍結されていた。

だが03年、当時の扇千景国土交通大臣が「未着工部分は大深度でやる」と表明。以後、施工を担うNEXCO東日本やNEXCO中日本が準備を進め、今年、いよいよ地下トンネルを掘削する用意が整った。完成予定はなぜか東京オリンピックのある2020年。総工費は1兆6千億円!

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「完成を東京五輪に合わせた“外環道ファースト”? 総工費1兆6千億円の問題だらけな大事業に小池都知事は無反応…」の みんなの反応 11
  • 外環反対にゃん! 通報

    住宅地の真下で世界最大級の難工事が行われる。陥没のリスクはゼロでないと認めながら、事業者は緊急時住民避難計画を作らないらしい。住民の命はどうでもいいの?この問題もっともっと「掘り下げて」伝えて。

    7
  • 匿名希望 通報

    小池都知事がシールド機の発進ボタンを押しているのに驚いた。住民は地下トンネルの陥没や地盤沈下の危険で不安な日々をおくることをご存知ないのかしら?都民ファーストなら住民の声に耳を傾けて。

    5
  • 匿名さん 通報

    小池知事は豊洲移転と決めているし、外環道も賛成である。つまり大企業に奉仕する政策にいささかのぶれもない。大企業ファーストであり、庶民の暮らしラストである。いま都民の民度が問われている。

    4
この記事にコメントする

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年6月29日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。