尊敬するセルジオ越後との出会い「ブラジル人が握手を求めるほど圧倒的な選手だったよ」

尊敬するセルジオ越後との出会い「ブラジル人が握手を求めるほど圧倒的な選手だったよ」
セルジオ越後氏との出会いを語った宮澤ミシェル氏
サッカー解説者・宮澤ミシェル氏の連載コラム『フットボールグルマン』がスタート!

現役時代、Jリーグ創設期にジェフ市原(現在のジェフ千葉)でプレー、日本代表に招集されるなど、日本サッカーの発展をつぶさに見てきた生き証人がこれまで経験したこと、現地で取材してきたインパクト大のエピソードを踏まえ、独自視点でサッカーシーンを語る――。

第2回は、高校時代からの長い付き合いというセルジオ越後氏との出会いについて。

*****

サッカー界の辛辣(しんらつ)なご意見番で、彼がいなければ現在の日本サッカー界の姿はなかったかもしれない。だけど、私にとってはそれ以上の存在だ。人生を振り返った時に、この人と出会っていなければどうなっていたかなと思う。その人こそがセルジオ越後だ。

彼に初めて出会ったのは、私が高校1年か2年の時だったと記憶している。以来、親愛の情を込めて“セルジ”と呼んでいるけれど、当初のセルジは、それはもう怖かった。

すでにJSLを引退し、日本サッカー協会公認のサッカースクールを全国でやっていたけど、まだ34、35歳。今みたいなコロコロした体型ではなくて、バリバリにプレーできていたからね。

彼に初めて会ったのはサロンフット。当時はフットサルのことをそう呼んでいて、千葉県内の体育館にセルジの他にフジタ工業や日産でプレーしたマリーニョなどが指導に来ていた。そのスクールに月1、2回参加して練習するようになった。

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る 2017年7月3日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。