7月も半ば、いよいよ本格的な夏到来だ。夏といえば、何かと男女の出会いが多いシーズン。ビアガーデン、お祭り、BBQなど…恋愛イベントが目白押しだが、定番はやっぱり“海”!

はしゃぐ水着ギャルをナンパして、恋愛視点からもチャンスを期待したいところだが、そもそも今どきの女のコたちは海に出会いを求めに来ているのだろうか。

記者(女子)の友人の美女たちに聞いてみたところ、「ノリで仲良くなって、友達になるならOK!」「ビーチで話しかけられるのとかチャラいの極みって感じがする。でも海の家やビーチで夜やってるBBQとか、お酒を飲んでゆっくりしている時はいいかも!」という意見が。

つまり、タイミングや楽しませ方次第では、お友達(ゆくゆくはそれ以上)になれる可能性はあるようだ。そこで、今回は「海でモテる男」の特徴を女のコたちに取材してきた!

まず、海ナンパでの声のかけ方から。自分ではイケてると思っていても、女のコたちはこんなことを思っているようだ。

「水着や体型のことを言われると、下心を感じるから絶対にイヤ! あと『一緒に遊ばない?』とか『LINE教えて』っていうYESかNOで答えられる質問じゃなくて、『何しに来たの?』や『この後、どこ行くの?』など、ちゃんと返さなきゃいけない会話は面倒くさい(笑)」(トリンドル玲奈似・28歳・弁護士事務所勤務)

「海の家やシャワーの前に待機して、いろんな女のコに声かけてる人は普通にイヤ」(齋藤飛鳥似・24歳・旅行会社勤務)