今や日本を代表するサブカルチャーとして、世界的から熱い注目を集めるコスプレーー。

30万人以上とも言われるほど国内のコスプレイヤーたちがひしめく中、絶大な支持を集める3人が『週刊プレイボーイ』28号のグラビアに登場。白水着からセーラー服までキュートな衣装に着替え、披露してもらったところ、たちまち大反響となった。

「こんな可愛いコがいたのか!」「このコは一体どんなコ?」などの声が読者から多数。そこで、こちらの3人をあらためて直撃、今をときめくトップレイヤーたちの素顔に迫った!

まずは、国内外での人気も高いレイヤーの五木あきらさん。10年前から活動を開始、シーンの先駆けにして、今なお高い人気を誇るレイヤーだ。

―元々、コスプレを始めたきっかけは?

五木 中学の頃、ジャンプの『家庭教師ヒットマンREBORN』の六道骸ってキャラが好きすぎて、その衣装を買ったのが最初です。その時はただ衣装が欲しかっただけで、ネットを見てコスプレというものを知って。そこから興味が湧いたんです。

―最初にコスプレイヤーとして行ったのはコミケですか?

五木 豊島園の普通のイベントです。当時はまだツイッターがなくブログをやってて。仲良くなった同じコスプレジャンルの女のコ3人で行きました。昔なんで忘れちゃったけど(笑)、とにかくすべてが新鮮で楽しかったですね。

―今までで特に印象に残ってるコスプレは?