30歳になった実力派女優・黒川芽以の告白「学生時代はイジメられてたので仕事の現場が一番の居場所だった」

『週刊プレイボーイ』が15歳の頃から撮り続けてきた、実力派女の黒川芽以さん。今年30歳を迎えたメモリアルイヤーに、週プレと彼女とのコラボ連載「女優・黒川芽以の30×30」が配信スタート!

“黒川芽以と東京の夜”をテーマに、カメラマン・熊谷貫氏がデジタル写真集を撮影。そのメイキングとともに、芸歴24年&女優歴20年の彼女による貴重なエッセイをお届けしていくスペシャル企画だ。

そこで、毎週金曜の更新となる新連載について、彼女を直撃。連載への期待や意気込みを聞いた前回に続き、10代20代のあの頃を振り返ってもらった――。(聞き手/週プレNEWS編集長・貝山弘一)

―6歳の頃から芸能界に入り、10歳で女優デビュー。これだけ長く続いている女優人生を振り返ってみてどう?

黒川 女優を続けてきたというか、一番好きな場所だったんですよね。芸能の仕事をしてるコでありがちなんですけど、学生時代はほとんどイジメられてたので。自分にとって仕事の現場が一番の居場所だったんです。

―人生そのものでもあったというか。学校に通いながらで仕事も忙しかったし?

黒川 10代の頃は遊ぶ暇もないくらい忙しかったです。青春とかは全部、作品で取り返せばいいと思ってたので、気づいたら自分には役者以外、何もないんですよ。他に何をすればいいのかわからないし、辞める勇気がなかったからずっと続けてるっていうのもありますけど。でも、やっぱりこの仕事が好きなんですよ、単純に!
編集部おすすめ

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク