『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』で今、安彦良和が語る富野由悠季と“ニュータイプ論”「僕は世界の誰よりも彼をリスペクトしている」

1979年に放送され、その後、様々なシリーズが作られてきた『機動戦士ガンダム』。同作のキャラクターデザインを手がけ、人気アニメーター・監督としてその名を知られる安彦良和氏は、表現の場をアニメから漫画の世界に移した後、再びアニメ業界へーー『機動戦士ガンダム』の物語を新たな解釈で描き、漫画原作も執筆している『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』だ。

シリーズ最新第5話『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦』が9月2日(土)より期間限定上映されたのを受けて、今回、作品内容に関してやご自身の創作秘話、さらに「日本アニメの表現論」から富野由悠季監督とのエピソードまでをたっぷりと伺った。

『ガンダム』シリーズの始まりへとつながる『ルウム編』で描こうとしたこと、そして安彦さんならではのアニメ制作現場について語っていただいた前編に続き、今回は『機動戦士ガンダム』を監督した富野由悠季(制作当時の名義は富野喜幸)氏をめぐる「ニュータイプ論」や、安彦さんが考える日本のアニメの進むべき道とは? まで、深い創作論となった!

■自身が考える漫画とアニメの表現方法

―1989年に公開された『ヴィナス戦記』から『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』を監督されるまで、25年間、アニメ業界を離れて漫画家をされていましたよね。

安彦 『ヴィナス戦記』は何を言いたかったのか描きたかったのか、見えなくなってしまった個人的な後悔と反省がある作品で、アニメ界にいる意味もわからなくなってしまったのです。幸い漫画家として描くテーマが見つかったものですから、そこから非常にプライベートな表現者になれて幸せでした。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク