内田樹×姜尚中が北朝鮮問題での官邸の思惑を読み解くーー不愉快でも隣人との共生の道を探るべき

内田樹×姜尚中が北朝鮮問題での官邸の思惑を読み解くーー不愉快でも隣人との共生の道を探るべき
内田樹氏(右)と姜尚中氏が直近の北朝鮮ミサイル問題を中心に、解散・総選挙で森友・加計問題にフタをし、憲法改正に突き進む安倍政権の姿勢を真っ向から批判!
アメリカ本土を射程に収めるICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射と核実験で、国際社会への挑発行為を繰り返す北朝鮮。

日本では「Jアラート」が鳴り響き、憲法改正どころか日本の「核武装論」まで飛び出している。北朝鮮情勢はこの先、どんな展開を見せるのか? 

新刊『アジア辺境論』(集英社新書)の著者、内田樹(たつる)氏と姜尚中(カン・サンジュン)氏が、この緊急課題に立ち向かったトークショー(9月19日)の模様を、前編に続きお届けする!

* * *

姜 当然、核兵器を含む武器流出も大きな懸念ですね。

内田 独裁体制が崩壊したら、軍人たちはあとは自分たちの才覚で生き延びるしかない。北朝鮮はこれまで国営ビジネスとして「麻薬」「偽札」「兵器」を製造し、闇ルートで販売して外貨を稼いできた。体制崩壊は、それらが「民営化」されて難民と共に周辺国に流出することを意味しています。



















姜 まさに「悪のパンドラの箱」が開くという感じですね。そう考えると、やはりどこかで潮目が変わってアメリカは北朝鮮と交渉をするしかない。その結果、北朝鮮に対して強硬な姿勢を取り続けている安倍首相がハシゴを外される可能性もないとは言えませんね。

気になったのが、安倍さんがトランプ大統領と2日間連続で電話会談をしたことです。おそらく安倍さんは、「勝手に米朝交渉しないでくださいよ」とトランプ氏に念を押したかったんじゃないかと思う。 ...続きを読む

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る 2017年9月28日の政治記事
「内田樹×姜尚中が北朝鮮問題での官邸の思惑を読み解くーー不愉快でも隣人との共生の道を探るべき」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    結局このお二方は北朝鮮の核保有を認めろと言ってるわけだ。それをなるべく婉曲に回りくどく話しているだけ。

    1
  • 匿名さん 通報

    そういうスタンスでも良いけど 内田はこれからは誇りとか自尊心とか武士道とか カッコつけた言葉使うんじゃねえぞと

    0
  • 匿名さん 通報

    北朝鮮問題も中国の覇権主義も、安倍総理とトランプ大統領しか解決出来ません。 トランプ大統領が11月に来日して、二人で決めた事を韓国中国に伝えるだけです。他の総理大臣だったら来日は無いです!

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。