希望の党に身売りした民進党に中国メディアも唖然…「一体、理念はどこにあるのか?」

希望の党に身売りした民進党に中国メディアも唖然…「一体、理念はどこにあるのか?」
「希望の党」の綱領には憲法改正も原発ゼロも記されておらず「具体的な方針や政策がよくわからない」と語る、「フェニックステレビ」東京支局長の李淼氏
安倍首相による突然の「解散・総選挙」決定、小池都知事の「希望の党」党首就任、そして民進党の分裂…ここ2週間で日本の政治の景色は激変した。

早くも議席予想に注目が集まっているが、この混沌とした政治状況を海外メディアはどう見ているのか? 「週プレ外国人記者クラブ」第93回は、香港を拠点にする中国唯一の民間放送局「フェニックステレビ」東京支局長の李淼(リ・ミャオ)氏に話を聞いた――。

***

─8月3日の内閣改造の際にも李さんに話を伺いましたが、2ヵ月も経たないうちに衆議院が解散。「仕事人内閣」が本当に仕事ができるか否かを判定する間もなく、10月22日には総選挙が行なわれます。まず、この急展開をどのように中国に伝えたかを教えてください。

李 9月25日に安倍首相は会見を開き、28日に召集する臨時国会の冒頭で解散する意向であることを表明しました。この会見を首相官邸からライブで中国に向け発信しましたが、安倍首相の言葉だけでは「なぜ、衆議院を解散しなければならないか」「今、選挙をする必要がどこにあるのか」をフェニックステレビの視聴者が理解することは難しかったでしょう。

この会見で安倍首相は、選挙で国民の信を問うべき争点として、主に以下のふたつを挙げています。ひとつは、2019年10月に予定されている消費税の10%への引き上げで得られる増収分について、従来は5分の4(約4兆円)を国の借金の返済に充てるとしてきた約束を覆し、財政再建を先送りして幼児教育無償化などの社会保障により厚く充てる意向であること。もうひとつは、北朝鮮への圧力をさらに強化していく点でした。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 安倍晋三 Instagram
  2. 安倍晋三 twitter
  3. 安倍晋三 アベノミクス
週プレNewsの記事をもっと見る 2017年10月5日の政治記事
「希望の党に身売りした民進党に中国メディアも唖然…「一体、理念はどこにあるのか?」」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    李淼氏の言葉を借りてるが「日本のメディアも、希望の党の結党以降は政界再編の動きばかりを追っている印象があり、政界の“風向き”に報道が偏り過ぎて」その通り。まともなメディアは週プレだけだった。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「安倍晋三 + 昭恵夫人」のおすすめ記事

「安倍晋三 + 昭恵夫人」のおすすめ記事をもっと見る

「安倍晋三 + 中国」のおすすめ記事

「安倍晋三 + 中国」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「野田佳彦」のニュース

次に読みたい関連記事「野田佳彦」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら