安倍自民が議席激減でも、総選挙後は「改憲派」多数に? 有権者の想いと乖離する「現実の政治」

安倍自民が議席激減でも、総選挙後は「改憲派」多数に? 有権者の想いと乖離する「現実の政治」
「民進党の自滅はいわば『安倍政権へのプレゼント』みたいなモノ」と語る、仏「ル・モンド」紙のフィリップ・メスメール氏
10月22日の投開票まで2週間を切った衆院選。安倍政権が突然の解散総選挙に踏み切って以降、小池都知事の「希望の党」への合流による民進党の分裂、それに伴う「立憲民主党」の立ち上げなど、政局は激変した。

日本で長らく取材を続けているフランス「ル・モンド」紙の記者は、この短期間で起こった様々な出来事には驚きを隠さないが、「全ては根っこの部分で繋がっている」と見ているという。「週プレ外国人記者クラブ」第94回は、「ル・モンド」東京特派員、フィリップ・メスメール氏に話を聞いた――。

***

─メスメールさんは、ここ数週間で起こった出来事にどんな印象を持ちましたか?

メスメール あまりに多くのことが短期間に起こったので僕も驚きました。ただし、そこで大事なのはこうした多くのことが全て、根っこの部分では繋がっているという視点で見ることだと思います。そうすると、ひとつひとつの出来事も、ある意味「驚きではない」ことが見えてくる。

例えば、ここ数週間で起きたことは日本の政治家の多くが、いかに自分のことだけを考えて意思決定をし行動しているのか。そしてその結果、日本の政治が多くの有権者の想いから、いかにかけ離れたモノになっているのかという…この国の民主主義の根本的な問題を反映した出来事だと考えれば、ある程度、説明がつきます。

─最初の「驚き」は、安倍政権が臨時国会初日に、それも所信表明演説すら行なわず解散総選挙に踏み切ったことでした。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 安倍晋三 Instagram
  2. 安倍晋三 twitter
  3. 安倍晋三 アベノミクス
週プレNewsの記事をもっと見る 2017年10月12日の政治記事
「安倍自民が議席激減でも、総選挙後は「改憲派」多数に? 有権者の想いと乖離する「現実の政治」」の みんなの反応 11
  • 匿名さん 通報

    序盤の情勢は自民単独で過半数を超えるとある。野党が割れているのが原因とあるが、支持率が31%もある。モリカケ問題などとても国民本位の政治をやっていないのに。政治は三流と言われる所以が有権者にある。

    8
  • 匿名さん 通報

    改憲して戦争。以上。

    5
  • 匿名さん 通報

    つまり憲法が争点なんですよ、今回の選挙は。

    4
  • 匿名さん 通報

    平和憲法攻撃するのは、「有事」で儲けたい「死の商人」に魂売った人達。軍事費削って、超高齢社会と自然災害に備える。ミサイルを飛ばさせない、作らせない平和外交に尽力。政党助成金廃止して、政治の劣化止めよ。

    2
  • 匿名さん 通報

    「改憲派」多数に? 有権者の想いと乖離?有権者が改憲派に投票すればそれが有権者の想いだろうが!

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「安倍晋三 + 昭恵夫人」のおすすめ記事

「安倍晋三 + 昭恵夫人」のおすすめ記事をもっと見る

「安倍晋三 + 中国」のおすすめ記事

「安倍晋三 + 中国」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「野田佳彦」のニュース

次に読みたい関連記事「野田佳彦」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら