女性に褒められると男性ホルモンが増える! 男の性生活と更年期障害で意外と知らないこと

前回は『枯れない男になる30の習慣』の著者である平澤精一先生に、男性ホルモン=テストステロンが豊富でイキイキとした男でいるための食習慣や生活習慣を指南してもらった。

そこで完結編として、性生活でテストステロンを活性化するための意外な心がけ、さらにテストステロンに深く関連する男性更年期障害についても伺ってみた。

* * *

―30の習慣の中でも意外とハードルが高いなと思ったのは、最低週2回、セックスしなさいという習慣…これは人によってはかなり無理な気がします。

平澤 もちろん、セックスにはパートナーの有無が関係することなので、パートナーがいないなら自己処理でもいいでしょう。しかし大事なのはAVのようなバーチャル的なもので興奮を促すよりも、好きな女性を思い出して自慰行為をするほうが、よりテストステロンの活性化に繋がると思います。

―えー、それはなぜですか? AVのカワイい女のコを見て興奮すれば、より刺激となりそうですが!?

平澤 しないよりはマシでしょうが、しかしそれではただの性欲発散の行為です。私が言いたいのは、自慰でテストステロンをより活性化したいなら、現実世界における女性をイメージしたほうが効果的だということです。

―それはなぜですか?

平澤 現実世界の女性、つまり好きな女性やリアルな女性を意識することは、その女性にいいところを見せたい、その女性のために頑張りたい、その女性とセックスするために口説きたいという意欲にも繋がります。そのような意識や意欲を持つことこそがテストステロンの活性化に繋がります。

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年10月18日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク