日本レーザーはなぜホワイト企業の代表格なのか?「社員のモチベーションが10割」な真似できない経営哲学

日本レーザーはなぜホワイト企業の代表格なのか?「社員のモチベーションが10割」な真似できない経営哲学
日本レーザーの近藤宣之・代表取締役社長
ニッポンには人を大切にする“ホワイト企業”がまだまだ残っている…。連載企画『こんな会社で働きたい!』第13回は、東京・新宿区にある「日本レーザー」だ。

***

産業用レーザー機器の輸入・販売会社「日本レーザー」は〝人を大切にする経営〟が高く評価され、第一回『日本でいちばん大切にしたい会社』大賞、第三回『ホワイト企業大賞』、経済産業省の『おもてなし経営企業選』など数々の賞を獲得している。

社員を大切にしている会社かどうかは残業時間に表れやすい。日本レーザーはどうだろう? 近藤宣之(のぶゆき)社長はこう話す。

「残業は月40時間までと決めています。社員の平均残業時間は内勤者で月10時間程度、営業マンなどの外勤の場合は25時間ほど。定時は17時30分ですが、残業代は本人の申請により15分単位でつけています。サービス残業はありません」

同社は23年連続黒字の優良企業としても知られている。黒字経営の秘訣は?と聞くと、「社員のモチベーションが10割。社員の成長がなかったら会社は成長しませんから。だから私は社員とよく話をし、“ヨイショ”することも忘れません」と語る。

そんな日本レーザーには社長室もない。すべての社員がデスクを並べるワンフロアの角っちょに近藤社長の席がある。仕切りもない。取材時、ある社員が神妙な面持ちで仕事の報告にやってきた。だが、資料を指差しながら話が進み、社長の顔がほころぶとその社員も笑みを浮かべ、遠目から見るに仕事の報告は談笑に変わった。 ...続きを読む

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る 2017年10月22日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。