ライバルの自滅から制した衆院選は「平成の怪物」をつくりあげた!

ライバルの自滅から制した衆院選は「平成の怪物」をつくりあげた!
結果的には「ナイス解散」。少なくとも自民党内では、再び権力基盤を固めることに成功した安倍首相
「今回の総選挙の最大の特徴は何かといえば、それは安倍晋三という“平成の怪物(モンスター)”をつくり上げたことでしょう。祖父・岸信介は“昭和の妖怪”と言われましたが、来秋の自民党総裁選での3選をほぼ確実にし、2020年の東京五輪まで首相の座に就き続けるであろう安倍首相は“怪物”の域に達した。立憲民主党が躍進したといっても、国会勢力からいえばなんの影響もありません」

ジャーナリストの藤本順一氏はこう総括する。

衆院解散の決定から投票日まで、すべてが安倍政権の思い通りに進んだわけではない。

山尾志桜里(しおり)氏の不倫スキャンダルで民進党がガタガタになり、今なら勝てるとばかり解散に打って出たものの、小池百合子東京都知事の電撃的な希望の党代表就任、そして前原誠司民進党代表のまさかの“希望合流宣言”で状況は一変。一時は「自公合わせても過半数割れか」との悲鳴も聞こえたほどだ。

しかし、民進から合流を望んでいたリベラル系議員たちを小池知事が笑顔で「排除いたします」と表明したことで希望は一気に失速し、再び流れは変わった。まるでジェットコースターのような選挙戦を、ライバルの自滅という“棚ボタ”で制した安倍政権は、史上最強の「超豪運政権」と呼ぶべきかもしれない。

◆この豪運政権が今後、何を仕掛けるのか? 100億円をめぐる元・民進の仁義なき再編の行方は? 『週刊プレイボーイ』45号(10月23日発売)「『脱力選挙』の後始末」にてお読みください!

(取材・文/本誌ニュース班 写真/時事通信社)

元の記事を読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 安倍晋三 Instagram
  2. 安倍晋三 twitter
  3. 安倍晋三 アベノミクス
週プレNewsの記事をもっと見る 2017年10月23日の政治記事
「ライバルの自滅から制した衆院選は「平成の怪物」をつくりあげた!」の みんなの反応 11
  • 匿名さん 通報

    自分の遊説先をひた隠しにする「モンスター」。小物臭がハンパない。

    5
  • 匿名さん 通報

    マスゴミは自分達が正しいと勘違いしてないかい!安倍総理もトランプ大統領もマスゴミの反キャンペーンにも関わらず民主的な選挙で選ばれている。それについて批判する事は国民をバカにする行為です!

    3
  • 匿名さん 通報

    裏を返すと自民党の中にすら安倍氏に伍する人材がいないと言うことでもある その意味では本格的に日本の政界は与野党問わず人材不足が露呈した選挙であったとはいえる

    3
  • 匿名さん 通報

    今回も投票権を持つ全ての人の3割すら自民は取っていない。ちょっと真面目にイヤがられたら、すぐ下野だ。公明もだだ下がり。アベ自身がバイオハザードしそうだ。

    3
  • 匿名さん 通報

    自分たちで推奨する候補のことを「いいね!」と有権者に思わせる文章が書けなかった結果だものな。記者さんたちは今後のためにも作文能力のアップを目指すしかないよね。

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「安倍晋三 + 昭恵夫人」のおすすめ記事

「安倍晋三 + 昭恵夫人」のおすすめ記事をもっと見る

「安倍晋三 + 中国」のおすすめ記事

「安倍晋三 + 中国」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「野田佳彦」のニュース

次に読みたい関連記事「野田佳彦」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら