タイ・バンコクの“ゴーゴーボーイ”にハマる日本人女性――なぜ彼女たちは日本を捨てたのか





■フリーペーパーの特集記事は大反響

そもそも、日本人女性がアジアの男たちにハマるのは今に始まったことではない。東南アジアのビーチリゾートを訪れた若い日本人女性が、マリンスポーツのインストラクターとして働く男たちの虜(とりこ)になってしまう時代があった。彼らのことを「ビーチボーイ」と呼ぶ。タイ南部のプーケット島やインドネシアのバリ島では1990年代頃、若い日本人女性の観光客が急増し、社会現象にまでなった。

一方、バンコクでもその頃にはすでに、ゴーゴーボーイが賑わっていた。客で圧倒的に目立つのは欧米人のゲイだ。現在は日本人のゲイもいて、女性は中国人、日本人、香港人といったところ。私がのぞいたときは偶然にも、日本人女性がちらほら目についた。連れ出したボーイと若い女性の4人組が日本語で会話をしながらタクシーに乗り込む姿や、ボーイたちと顔見知りらしき常連風の若い女性が出入りする姿も見かけた。



バンコクで日本人女性向けのフリーペーパー『アーチプラス』を発行する平原千波(ちなみ)編集長はかつて「女の夜遊び」と題してゴーゴーボーイの特集記事を掲載し、現地邦人社会で反響を呼んだことがある。ハマる女性の中には、藤原のようにコールセンターで働く女性だけでなく、駐在員の妻もいるという。

「男性からすれば『俺たちはいいけど、彼女や奥さんにはそういう場所に足を踏み入れてほしくない』と思っている。なぜかタブー視されている。でも実際は、ハマっている女性はたくさんいるのです」

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク