渡辺麻友がAKB48を託した美少女が、ついに週プレ初グラビア!

11月27日発売の『週刊プレイボーイ』50号に登場している、AKB48チーム8の小栗有以(おぐり・ゆい)ちゃん。誌面では “2万年にひとりの美少女”とも呼ばれるキュートなルックスはもちろん、フィギュアのようにスラリとした抜群のプロポーションも披露!

そんな“ゆいゆい”に独占インタビュー、大島優子との秘話や“2万年”と呼ばれることに対するホンネも明かしてもらった。

―先日行なわれた渡辺麻友さんの卒業コンサートでは、ゲストのえなりかずきさんも「これからはゆいゆいの時代!」と激推ししてましたね。

小栗 もう、ビックしました。私は裏のモニターで見てたんですけど、ビックリしすぎて、目が真ん丸になりました(笑)。えなりさんは、私がソロコンのMCで喋った内容までおっしゃってて…。

―どんだけ詳しいんだよって話ですよね(笑)。まゆゆさんもコンサート後の会見で「(最近注目しているのは)小栗有以ちゃん。まさに王道アイドルって感じ」「私なんか目じゃないですよ」とベタ褒めしていましたが…。

小栗 ん~、ふふ(笑)。

―なんの笑いですか!?

小栗 いや、嬉しくて、なんか笑っちゃうんですよ(照)。コンサートで、まゆさんの指名ということで1曲、センターをやらせていただいたんですけど、その時は「ほんとにまゆさんが指名したのかな?」って思ってたんです。