1980年代に日米で大ヒットしたトム・クルーズ主演の戦闘機映画『トップガン』の続編が、2019年に全米公開――。

そんなニュースにファンが狂喜するなか、同映画で大活躍した米海軍の複座型戦闘機F-14トムキャットの空戦シーンの演出に協力し、自らも出演していたレーダー迎撃士官デイブ・バラネック氏(タックネーム“バイオ”)が、新著『F-14トップガンデイズ』(並木書房)を引っ提げて来日した。

現在世界最強といわれる米空軍のF-22や、航空自衛隊も導入する最新鋭戦闘機F-35など、昨今ではパイロット1名だけの単座機が主流だ。しかしその一方で、前席にパイロット、後席にレーダー迎撃士官(RIO)などを乗せる複座機にも独特の魅力があり、ファンも多い。

そこで前編に続き、バイオ氏をスクランブルで迎え撃つのは、空自で複座機F-4ファントムのパイロットを長年務めた杉山政樹・元松島基地司令(タックネーム“キッド”)。前代未聞の“地上複座対談”、発進!

* * *

―現在、日本は北朝鮮ミサイルの脅威に直面しています。

B 弾道ミサイルの落下速度は、戦闘機のレーダーで探知できる速度を超えています。空自のF-15で対処するのは難しいでしょう。

K 厳密に言うと、射程300kmから600kmのスカッドミサイルなら撃ち落とせると思います。しかし、マッハ10で1000km以上飛んでくる弾道ミサイルは無理でしょう。だからこそ今、「守るだけではなく策源地への攻撃も必要ではないか」との議論が起きているわけです。