北朝鮮現地ルポ――平壌はクルマの数が増え、渋滞が起きるまでになっていた!

北朝鮮現地ルポ――平壌はクルマの数が増え、渋滞が起きるまでになっていた!
金正恩の肝煎りで2016年1月に開館した博物館「科学技術殿堂」。
続く核、ミサイル開発&発射で緊張の度合いを増す北朝鮮情勢。国連による経済制裁など国際社会からの圧力が強まるなか、平壌市民はどんな日常を過ごしているのか!?

現地を訪れると、そこには意外な(!?)光景が広がっていた。

* * *

「平壌(ピョンヤン)に行かないか」ーーそう連絡をもらったのは11月中旬のこと。サッカー北朝鮮代表の取材のため、現地行きを打診されたのだ。これまで取材で同代表を追っていたこともあって声がかかったわけだが、少々不安はあった。核、ミサイル問題で国際的な緊張状態が続くなか、現地に行っても大丈夫なのか、と。

筆者が最後に北朝鮮を訪れたのは8年前の2009年。北朝鮮代表が、44年ぶりに10年南アフリカW杯への出場を決め、平壌で代表チームの合宿を行なったとき以来のことである。

それから北朝鮮はどのような変化を遂げているのか。常に興味はあったし、行くチャンスはそうそう訪れるものでもない。不安を抱えながらも平壌行きを決意した。

* * *

経由地の北京から乗り込んだのは北朝鮮の高麗(コリョ)航空。機内に乗り込むと、どこからともなく日本語も聞こえてくる。このご時世、一体、なんの用事があって北朝鮮入りするのだろう。

そして、機内のキャビンアテンダントに目を奪われた。「美女軍団」を彷彿(ほうふつ)とさせる美女ぞろい。彼女たちが配ってくれた『労働新聞』(朝鮮労働党の機関紙)の1面には「金正恩(キム・ジョンウン)委員長がトラック工場を視察」の記事。トラックが何百台も並ぶ壮観な写真が目に飛び込んでくる。 ...続きを読む

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る 2017年12月11日のライフスタイル記事
「北朝鮮現地ルポ――平壌はクルマの数が増え、渋滞が起きるまでになっていた!」の みんなの反応 10
  • 匿名さん 通報

    いまだにこういう北朝鮮政府に上っ面だけみせられて それを真実だと報道するマスコミには吐き気がする マスコミは何十年前地上の天国だと報道したときと変わってない

    19
  • 匿名さん 通報

    北の検閲でいじくり回された内容だな。

    10
  • 匿名さん 通報

    うそつけ!取材者名前でわかる。

    10
  • 匿名さん 通報

    そりゃ現地の人間が記事を書けばこうなる。

    9
  • 匿名さん 通報

    北朝鮮ルポ禁止。

    6
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。