鈴木宗男×佐藤優が分析するトランプ大統領のアジア歴訪「八方美人外交に踊らされるな!」

鈴木宗男・新党大地代表と、元外務省主任分析官で作家の佐藤優氏による対談講演会「東京大地塾」。

今回は、安倍首相との密接な関係を示したトランプ大統領の訪日とその後の韓国、ロシア訪問について前編に続き分析する!

* * *

鈴木 そして、トランプは元商売人というだけあって、パフォーマンスがとてもうまい。11月3日に訪問したハワイでは、アリゾナ記念館視察後に、かつてルーズベルト大統領が唱えた「リメンバー・パールハーバー(=真珠湾を忘れるな)」をツイートし、アメリカ国民を沸かせた。そして5日に来日したときには、朝鮮国連軍の後方司令部がある横田基地に降り立ち、金正恩(キム・ジョンウン)・朝鮮労働党委員長を念頭に置いて、独裁者を批判するメッセージを演説に盛り込みつつ、日本との連携ぶりをアピールした。

朝鮮国連軍の後方司令部が今も東京にあることを知っている人はどれだけいるかわかりませんが、今もちゃんと機能しています。それに、朝鮮国連軍地位協定という協定があって、これは日本政府が朝鮮国連軍に、日米地位協定と同レベルの協力をすることを意味するものです。このことをもう一度国際社会に思い起こさせたわけです。

何か有事があったときには国連軍の後方司令部がここにあるぞ、と。これは「金正恩よ、わかってるな?」というシグナルです。このことはあまり多くのマスメディアが報じませんでしたが、最も興味深いパフォーマンスだったと思っています。

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「鈴木宗男×佐藤優が分析するトランプ大統領のアジア歴訪「八方美人外交に踊らされるな!」」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    日本政府はアメリカの言いなりだからトランプ大歓迎、日本のマスコミは政権の言いなりだからトランプ批判はしない。日本人はトランプ大統領を受け入れ、他の先進国から馬鹿にされる。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

「鈴木宗男」に関する記事

「鈴木宗男」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「鈴木宗男」の記事

次に読みたい「鈴木宗男」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年12月17日の政治記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。