ザッカーバーグCEOが中国にすり寄る? フェイスブック解禁で最強の監視システムに…

ザッカーバーグCEOが中国にすり寄る? フェイスブック解禁で最強の監視システムに…
フェイスブックは“意味ある報道”をカンボジア市民から切り離してしまったと語るモーリー氏
『週刊プレイボーイ』本誌で「モーリー・ロバートソンの挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが、前編記事に続きロシア介入疑惑もあるフェイスブックについて語る!

今年6月、全世界の月間ユーザー数が20億人を突破したフェイスブック。今や国境を超えたインフラともいえるこのSNSが、実は独裁者や差別主義者たちにとって“都合のいいツール”になっていた!?

* * *

フェイスブックはカンボジアでもやらかしています。同社は今年秋から、カンボジアを含むマーケットの小さな6ヵ国でニュースフィードを2分割するテストを実施。普通の友達の書き込みと、メディアや企業からの投稿が分けて表示されることになりました。すると、その結果、カンボジアの反政府系メディアの記事が市民にリーチしづらくなってしまったのです。

一見するとフェイクニュース対策と思えるかもしれませんが、よりによってこれを現在のカンボジアで運用してしまうことは実に乱暴です。フェイスブックのニュースフィードはここ数年、カンボジアの民主化に向けた動き、さらに市民ジャーナリズムの流通プラットフォームとして機能してきたからです。

カンボジアでは昨今、フン・セン独裁政権が言論弾圧を強化しており、反体制系新聞の廃刊や民主化を求めるラジオ支局の閉鎖が相次いでいます。11月には政権と対立する最大野党、カンボジア救国党も解党に追い込まれました。そんな最悪のタイミングで、フェイスブックは“意味ある報道”を市民から切り離してしまったのです。米本社にとっては「ビジネス上の小さなテスト」なのでしょうが…。

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る 2017年12月24日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。