元Dream5のメンバーでモデル、女優としても活躍する大原優乃の最新グラビアが発売中の『週刊プレイボーイ』1・2合併号に掲載、大きな反響を呼んでいる。

今回のテーマは「空と太陽と南国少女」。沖縄の石垣島、竹富島で撮影され、そのタイトル通り、爽やかでリゾート感溢れるグラビアとなっている。

2017年後半、その愛らしいルックスと健康美でグラビア界を席巻した彼女を直撃、今回の撮影から、ますます期待がかかる2018年の抱負までを聞いた!

―今回は沖縄の石垣島と竹富島に行ってきたそうですね。

大原 そうなんです。どちらも初めて行ったんですけど、本当に自然が素敵なところでした! あと行ったのが11月だったんですけど、すごく暖かくて。撮影中は結構、汗かいたし、冬っていうのが信じられなかったです。

―海にも入って夏みたいでしたよね。印象に残ってるカットは?

大原 扉ページのカットですね。自転車にまたがってるんです。

―え? 前の取材で自転車に乗れないって言ってなかったっけ?

大原 覚えてました?(笑) 自転車レンタルがあったので挑戦してみたんです。久々だし、もしかしたらいけるんじゃないって。

―おおっ! ついに乗れました?

大原 それが…やっぱりダメで(笑)。スタッフさんに自転車の後ろを押さえてもらったり、いろいろ頑張ってみたんですけど乗れなかったです。でもいい写真が撮れたからいいかなって。